24 5月

いつまでも同じ方法ではうまく経営できない

会社や商店を経営する場合には、常に同じことばかりやっていては売り上げをいつまでも維持することはできません。世の中の流れに合わせて戦術を変えていかなければいけないのですが、そう簡単に経営方針を変えることはできませんし、変えて成功すればまだしも、失敗してしまう可能性もあります。

そこで重要なのが経営のプロに相談して、力を貸してもらうことです。経営のプロがいる会社と言えば、当然経営コンサルティング会社なのですが、経営コンサルティング会社では最新の市場調査を行っているので、色々な情報を知っています。この分野では現在このような状態になっているという情報から、今後この分野で続けていくのは難しいと言った分析も行っています。

このような情報を基にして色々なアドバイスをしているので、役に立つことは間違いありません。ただし、実行するのは経営者なので、全て経営コンサルティング会社に頼るのではなく、自分でも情報収集を行うなどの努力は欠かせません。

情報収集をどう行うか?

情報収集にもお金がかかるのも事実です。私達が行えるのは、ウェブ上のキーワード分析です。つまり、昨今の検索ボリュームはどういうワードで検索されているのか?どういうワードがはやっているのか?などキーワードプランナーをみれば、無料で市場分析ができるのです。

さらに、twitterでのつぶやきをみていけば、そのサービスの反応など、ユーザーの評判もみることができます。

デジタルマーケティングの面白みは、ユーザー動向をレポートできることなのです。従来の手法によっていては見えない部分も、デジタル部分は明確にだれでもアクセスできる部分ですから、その情報から経営方針をかためても面白いでしょう。

ネット活用

現代の顧客は、スピードが重視されます。また、調査を必要としています。実店舗に足を運んで商品をきめるというよりは、デジタル上で調査をすすめたうえで、7から8割は、情報分析は自分で行い、その上で、購入するものを固めています。

よって、そのユーザーが行うIT分析のなかで、ネガティブな評判が入らないように、よい情報コンテンツを積極的に発信する必要があります。従来の、リアルな世界だけでの営業ではなく、ネット空間での対策も重要になってくるのです。