20 7月

フィリピン留学 Global Standard

親が貿易関係の仕事をしていたこともあり、自分も英語を活かした仕事をしたいと考えていたことから、以前に海外留学した経験もあります。しかし仕事をする前に、もう1度短期間でもよいので留学したいと考え、フィリピン留学をすることに決めました。選んだ学校はGlobal Standardというところです。

このGlobal Standardという学校には、ビジネスコースが設けられていたので、私はビジネスコースを選択しました。ビジネスコースは8時間授業になっており、やはりそのうちの半分がマンツーマンの授業になっています。マンツーマンの授業はその人のレベルに合わせて授業が行えるので、英語全体の勉強もできますし、英会話も上達します。

ただし日本人の留学生が他の学校に比べて少なくなっているので、ある程度英語に自信のある人向けの学校だと言えます。私はある程度英会話に自信があり、普通に話すことはできたのですが、授業を受けてみて発音や話し方などを注意され、より自然な感じの英会話を身につけることができました。

フィリピン留学 EDA

最初は海外留学を行うことに対して抵抗があったのですが、親や友人などのすすめで1度ぐらい経験をしておくべきだと思い、海外留学を行うことに決めました。問題なのはどこの国に留学するのかという点なのですが、あまり海外によいイメージを持っていなかったので、できるだけ日本から近いところがよいと考え、フィリピン留学をすることになりました。

問題なのは学校選びなのですが、かなり学校の数が多く、決めるのが難しかったものの、選んだ学校はGlobal Standardというところと、最終的にはEDAというところに決めました。コースはESL Aコースというのを選択したのですが、このコースは短期間でしっかりと英会話や基本的な英語を学びたい人向けだと言えるでしょう。

この学校は比較的生徒数が少ないというのが特徴なので、比較的人見知りである私にはとても適していたと感じました。マンツーマンの授業も多く、自分のレベルに合わせて行うことができるところもよかったです。短期間でしっかりと英会話を勉強できたので、よい経験ができました。

フィリピン留学のネット情報

フィリピン留学は、情報はネットから多数入手することができるのですが、重要なのは、どの学校を選ぶかという点です。それぞれ特徴があり、悩んでしまいます。ネットで誹謗中傷が学校のがかかれてしまうと、入学者数がかぎられてしまうので、ネット対策はどの学校も力をいれているようです。

よい口コミを書いてもらうべく、学生を大事にする学校がおおいのがフィリピン留学の特徴です。