24 5月

業種によって経営戦術は変わる

会社や商店を経営するというのはとても難しいことなのですが、どのような会社を経営しているのか、どのような物を販売しているのかによって、経営戦略は全く異なってきます。よって経営に行き詰った時に相談する経営コンサルティング会社は、業種によって異なったアドバイスや指導を行う必要があるのです。
基本の経営方法はどの業種であっても同じですが、実際に行わなければいけないことや、今後行うべき対策は、当然業種によって全く異なるものの、最終的に目指すところは同じです。しっかりと利益を上げて儲けを出すことがどの業種でも求められているのですが、同じ業種であっても戦略を変えないと利益を上げることができない場合が多くなっています。
よって毎回同じアドバイスを行っている経営コンサルティング会社は信頼できませんので、実績を見る時には色々な業種の会社にアドバイスや指導を行っていること、どのようなアドバイスや指導を行ったかを明確にしている経営コンサルティング会社を見つけることが大切です。

例:美容業界でのコンサルティング

変化がはげしい美容業界のコンサルティングは特に難しいといわれています。市場分析が古くなるからです。よって、こういった業界のコンサルティングは、市場分析がものをいいます。来年にどういう方向にいくのか?と判断できないとならないのです。

コンサルティング業界のレポートは当たり前のレポートを出してくることが多く、ためになるのか?という声も聞こえます。しかし、当たり前なのを数値を持って裏付ける所が重要なのです。当たり前だと確認できることが重要なのです。

ネットだけでの情報収集だと、一部の声を過大視することがあります。だから、大事なことは、実態はどうなっているのか?というアナログ的な分析も行えるか?という点です。電話調査、路上調査など、古いと思われる手法であっても、ネットにあまりのこらない情報を拾えるという点では必要なアプローチなのです。