20 7月

フィリピン留学 Global Standard

親が貿易関係の仕事をしていたこともあり、自分も英語を活かした仕事をしたいと考えていたことから、以前に海外留学した経験もあります。しかし仕事をする前に、もう1度短期間でもよいので留学したいと考え、フィリピン留学をすることに決めました。選んだ学校はGlobal Standardというところです。

このGlobal Standardという学校には、ビジネスコースが設けられていたので、私はビジネスコースを選択しました。ビジネスコースは8時間授業になっており、やはりそのうちの半分がマンツーマンの授業になっています。マンツーマンの授業はその人のレベルに合わせて授業が行えるので、英語全体の勉強もできますし、英会話も上達します。

ただし日本人の留学生が他の学校に比べて少なくなっているので、ある程度英語に自信のある人向けの学校だと言えます。私はある程度英会話に自信があり、普通に話すことはできたのですが、授業を受けてみて発音や話し方などを注意され、より自然な感じの英会話を身につけることができました。

フィリピン留学 EDA

最初は海外留学を行うことに対して抵抗があったのですが、親や友人などのすすめで1度ぐらい経験をしておくべきだと思い、海外留学を行うことに決めました。問題なのはどこの国に留学するのかという点なのですが、あまり海外によいイメージを持っていなかったので、できるだけ日本から近いところがよいと考え、フィリピン留学をすることになりました。

問題なのは学校選びなのですが、かなり学校の数が多く、決めるのが難しかったものの、選んだ学校はGlobal Standardというところと、最終的にはEDAというところに決めました。コースはESL Aコースというのを選択したのですが、このコースは短期間でしっかりと英会話や基本的な英語を学びたい人向けだと言えるでしょう。

この学校は比較的生徒数が少ないというのが特徴なので、比較的人見知りである私にはとても適していたと感じました。マンツーマンの授業も多く、自分のレベルに合わせて行うことができるところもよかったです。短期間でしっかりと英会話を勉強できたので、よい経験ができました。

フィリピン留学のネット情報

フィリピン留学は、情報はネットから多数入手することができるのですが、重要なのは、どの学校を選ぶかという点です。それぞれ特徴があり、悩んでしまいます。ネットで誹謗中傷が学校のがかかれてしまうと、入学者数がかぎられてしまうので、ネット対策はどの学校も力をいれているようです。

よい口コミを書いてもらうべく、学生を大事にする学校がおおいのがフィリピン留学の特徴です。

8 7月

事実無根な関連検索ワードには、ネット誹謗中傷対策が直ちに必要です。

企業にとって、社の評判は非常に重要なものです。
近頃ではインターネット検索で、社の評判をチェックする人々が急増しています。
検索エンジンを使えば、森羅万象ありとあらゆる事柄について情報が得られます。
一般消費者にとって、インターネット検索は大変身近な存在となり、スマートフォンやタブレット端末の普及によって、家計の財布の紐を握る主婦や高齢者もまた、社や商品、サービスの評判について日々チェックし始めました。

大手の検索エンジンでは、特定企業の社名を打ち込むと、関連検索ワードが続いて表示されます。
社名の後には、その企業が大々的に売り出しているサービスや物が関連検索ワードとして表示される事が多く、一般消費者は連想されるキーワードも参考材料として細かく確認します。
関連検索ワードは、ネットユーザーが頻繁に検索するフレーズが頻繁に表示される仕組みとなっています。
大抵の企業はビジネスや製品、サービスなどに関するフレーズか続いて表示されますが、しばしば社名の後にネガティブな関連検索ワードが表示される事があります。
社名の後にパワーハラスメントやブラック企業、セクシャルハラスメント、産地偽装などのネガティブフレーズが相次いで並んでは一般消費者に与える印象が最悪です。
根も葉もない噂がネット上では物凄い速度で拡散する事が多く、事実無根の関連検索ワードが上位に上る事も少なくはありません。

企業が健全にビジネスを営むためには、断固とした態度でネット誹謗中傷対策を講じる必要が出てきます。
人の噂も七十五日等と言いますが、それはリアルのお話です。関連検索ワードは長期間、表示され続けますし、ネット上に一定期間、根も葉もないブラックな噂が残り続けると、事実無根のスキャンダルがまるで実際に起きた出来事のように、一般消費者に解釈されてしまいます。
近頃では、ネット誹謗中傷対策に強い弁護士事務所が各地に設けられていますので、
自社または自社サービスについて根も葉もない酷い噂を見つけた際は、沈静化を図るためにも法律のプロに相談しましょう。

5 7月

悪意を持った人たちからWEBブランドを守る

いろいろな分野に興味を持ち、日々努力している企業は少なくないと言われています。
日常生活で触れることができる情報量は少ないため、より多くの情報を扱える場所を求めているところもあるでしょう。
新しい商品やブランドを作ったとき、それを様々な人に知らせる必要があります。
チラシや広告を考える人もいるかもしれませんが、特定の地域にしか届かないことが少なくないため悩むかもしれません。
もし、広い範囲に新商品や新ブランドを知らせたいなら、インターネットを利用するといいでしょう。
インターネットの利用者は非常に多いため、普段は接することができない人とも交流できます。
特定の人物や団体だけが情報を発信できる場所ではないため、ちょっとしたことで悪い評判が広まることもあるでしょう。
これから成長させようと考えていたものでも、ネット上の評判が悪いと苦戦することが多いです。
いろいろな情報が発信されるため、中には根拠の無いものも見つかるかもしれません。
悪意を持った人たちからWEBブランドを守るためにも、ネット誹謗中傷対策を考える必要があるでしょう。
インターネットを利用する予定がなくても、対策を考えた方がいいです。
会社全体としては問題なくても、特定の社員の態度が悪く、そのイメージが広まり、WEBブランドのイメージが悪化することもあります。
少数の社員のイメージが一人歩きすることも珍しくないため、ネットへの対策にも力を入れた方がいいです。
会社の規模が大きくなると、情報のネタとして扱われることが増えると言われています。
悪意を持った人からの攻撃が業績に影響を与えないように、できることから始めるといいでしょう。
良いイメージを作るのには時間がかかりますが、イメージが悪くなるのは一瞬です。
対応を間違うと悪いイメージが一人歩きしてしまいます。
WEBブランドを守るためにも、インターネット上でのイメージにも気をつけた方がいいかもしれません!

4 6月

ネットいじめで誹謗中傷記事を削除してもううには?

近年はLINEなどのSNSによるネットいじめも増えていますが、依然として根強いのが電子掲示板やブログなどの不特定多数の人が閲覧可能なメディアを使用したネットいじめです。

具体的には電子掲示板やブログに実名・学校名を晒され、援助交際や万引きといった犯罪を行なったという事実無根の誹謗中傷の記事が書き込まれたりするケースや、プロフィールサイトに名前・住所・電話番号などの個人情報を無断で掲載されたりするケースが報告されており、こうしたケースでは情報がすぐに拡散してしまい取り返しのつかない事態に発展する可能性もあるので、すぐに当該の記事や書き込みを削除してもらうことが大切です。

ネットいじめに関わる誹謗中傷記事や悪意のある掲示板の書き込みを削除してもらうためには、掲示板やブログなどのウェブサービスの管理者に削除依頼を出すことが基本となります。

管理者は個人から大手プロバイダまで大小さまざまですが、掲示板やブログのようなウェブサービスならばトップページや各ページのフッターなどにあるリンクを辿れば、管理者のメールアドレスやお問い合わせフォームなどにたどり着くことができるので、ここから削除依頼を出します。

メールや問い合わせフォームから依頼を出すときには、まず削除してほしい記事のURLや誹謗中傷などの当該箇所をコピーして貼り付け、さらに記事や書き込みにどのような問題があってどんな理由で削除してほしいのかを具体的に記入し、送信します。掲示板の場合にはスレッドのURLや書き込みの番号をなども合わせて貼り付けるのがポイントです。

管理者に対応してもらえないときには、掲示板の運営会社(親会社)やプロバイダなどにメールなどで問い合わせて対応してもらいましょう。
それでも記事や書き込みを削除してもらえない場合にはこれ以上個人で対応するのは難しいので、警察や弁護士などに専門家に相談する必要があります。

なお、現在では法務局(地方法務局)で相談に応じており、法務省でも人権相談受付窓口を開設し、インターネットを通じて相談に応じているので、ネットいじめでお悩みの方は気軽に相談してみることをお勧めします。

24 5月

派遣会社で途中で辞めたくなった場合

人材派遣会社を辞めるのではなく、派遣された先での仕事を辞めたい場合にはどのようにすればよいのかというと、正社員やアルバイトであれば、直接上司に申し出るのが一般的ですが、派遣の場合には派遣先の担当者に申し出るのではなく、自分が登録している人材派遣会社のコーディネーターに相談するのが一般的です。

この会社では契約時に言われていないような仕事まで任される、人間関係がうまくいかなくてストレスが溜まってしまう、残業があまりにも多すぎて体力的にも精神的にもきついなど、どんな理由でも基本的には人材派遣会社のコーディネーターにまず相談するのが基本です。

人材派遣会社に間に入ってもらうことで、円滑に辞めることも可能になるので、できれば派遣先の会社に直接報告するのは避けましょう。辞めた後でも人材派遣会社であれば色々な転職支援を受けられますし、信頼できる人材派遣会社であれば、また派遣先をすぐに探してくれるので、それほど心配する必要はありません。

やってはいけないこと

派遣先を変えたいという気持ちはわかりますが、その時に、いじめられたことなど、2ちゃんねるなどに書き込むのは辞めましょう。これにより、派遣会社自体も辞めなくならなくなることがあります。

最近は、2ちゃんねるは、書いた本人のIP開示に応じるようになっていますので、派遣いじめをした、元派遣先の悪口を書いてしまい、本人を特定されるケースがあります。

派遣社員は、立場が弱いため、正社員のかたから、いじめにあったり、無理な要求をされたり、馬鹿にされたりすることがあります。派遣社員にとって苦しい経験でしたが、良い経験をさせてもらったとわりきって、ネット上で誹謗中傷したり、復讐したりすることはやめましょう。自分の人生がだめになることがあるからです。

不平不満はどこにあってもあるのです。派遣をやめたくなったときは、まずは、深呼吸をして、ゆったりすることをオススメします。まちがっても、匿名掲示板に憂さ晴らしするのはやめましょう。

24 5月

業種によって経営戦術は変わる

会社や商店を経営するというのはとても難しいことなのですが、どのような会社を経営しているのか、どのような物を販売しているのかによって、経営戦略は全く異なってきます。よって経営に行き詰った時に相談する経営コンサルティング会社は、業種によって異なったアドバイスや指導を行う必要があるのです。
基本の経営方法はどの業種であっても同じですが、実際に行わなければいけないことや、今後行うべき対策は、当然業種によって全く異なるものの、最終的に目指すところは同じです。しっかりと利益を上げて儲けを出すことがどの業種でも求められているのですが、同じ業種であっても戦略を変えないと利益を上げることができない場合が多くなっています。
よって毎回同じアドバイスを行っている経営コンサルティング会社は信頼できませんので、実績を見る時には色々な業種の会社にアドバイスや指導を行っていること、どのようなアドバイスや指導を行ったかを明確にしている経営コンサルティング会社を見つけることが大切です。

例:美容業界でのコンサルティング

変化がはげしい美容業界のコンサルティングは特に難しいといわれています。市場分析が古くなるからです。よって、こういった業界のコンサルティングは、市場分析がものをいいます。来年にどういう方向にいくのか?と判断できないとならないのです。

コンサルティング業界のレポートは当たり前のレポートを出してくることが多く、ためになるのか?という声も聞こえます。しかし、当たり前なのを数値を持って裏付ける所が重要なのです。当たり前だと確認できることが重要なのです。

ネットだけでの情報収集だと、一部の声を過大視することがあります。だから、大事なことは、実態はどうなっているのか?というアナログ的な分析も行えるか?という点です。電話調査、路上調査など、古いと思われる手法であっても、ネットにあまりのこらない情報を拾えるという点では必要なアプローチなのです。

24 5月

いつまでも同じ方法ではうまく経営できない

会社や商店を経営する場合には、常に同じことばかりやっていては売り上げをいつまでも維持することはできません。世の中の流れに合わせて戦術を変えていかなければいけないのですが、そう簡単に経営方針を変えることはできませんし、変えて成功すればまだしも、失敗してしまう可能性もあります。

そこで重要なのが経営のプロに相談して、力を貸してもらうことです。経営のプロがいる会社と言えば、当然経営コンサルティング会社なのですが、経営コンサルティング会社では最新の市場調査を行っているので、色々な情報を知っています。この分野では現在このような状態になっているという情報から、今後この分野で続けていくのは難しいと言った分析も行っています。

このような情報を基にして色々なアドバイスをしているので、役に立つことは間違いありません。ただし、実行するのは経営者なので、全て経営コンサルティング会社に頼るのではなく、自分でも情報収集を行うなどの努力は欠かせません。

情報収集をどう行うか?

情報収集にもお金がかかるのも事実です。私達が行えるのは、ウェブ上のキーワード分析です。つまり、昨今の検索ボリュームはどういうワードで検索されているのか?どういうワードがはやっているのか?などキーワードプランナーをみれば、無料で市場分析ができるのです。

さらに、twitterでのつぶやきをみていけば、そのサービスの反応など、ユーザーの評判もみることができます。

デジタルマーケティングの面白みは、ユーザー動向をレポートできることなのです。従来の手法によっていては見えない部分も、デジタル部分は明確にだれでもアクセスできる部分ですから、その情報から経営方針をかためても面白いでしょう。

ネット活用

現代の顧客は、スピードが重視されます。また、調査を必要としています。実店舗に足を運んで商品をきめるというよりは、デジタル上で調査をすすめたうえで、7から8割は、情報分析は自分で行い、その上で、購入するものを固めています。

よって、そのユーザーが行うIT分析のなかで、ネガティブな評判が入らないように、よい情報コンテンツを積極的に発信する必要があります。従来の、リアルな世界だけでの営業ではなく、ネット空間での対策も重要になってくるのです。

24 5月

WEBの利点を最大に活かす

近年ではインターネットを利用したWEBビジネスを行う人も多くなっていますが、当然WEBビジネスでも基本的には一般的なビジネスと同じですし、起業する前や起業した直後には、経営コンサルティング会社に相談へ来る人も多くなっています。

WEBビジネスを行うのであれば、やはりWEBの利点を最大限に生かすべきなのですが、WEBの利点と言えば手軽であることや、コストが大幅に削減できることでしょう。その反面、実際のビジネスよりも宣伝が難しいというデメリットもあるので、この点をよく経営コンサルティング会社で話し合いをして、より良いアドバイスをもらう必要があります。

経営コンサルティング会社にも得手不得手があるので、WEBに詳しいコンサルタントがいる経営コンサルティング会社に相談するようにしなければいけませんし、WEBならではの難しさも存在しているため、決して甘く見てはいけません。実際には一般的なビジネスを行っている人よりも、WEBビジネスを行っている人の方が、失敗する確率が高くなっているのが現状なのです。

WEBの利点と欠点を把握する

インターネットは、初期投資がすくなくて済む一方、大きな効果を得られるのも事実です。情報を発信すること自体、ホームページをもてば費用がかかる話ではありません。

URLを、友達を介して、あるいは、様々な形で拡散でき、一気に口コミによるビジネス拡大が可能なのです。

一方、ネガティブ情報対策も必要です。「パクリ」だとか、対応がお粗末だという形で、口コミがあっという間に拡散するのも事実なのです。

よって、基本のビジネスモデルを確立したうえで、WEB活用を行わないと、良い方向へ向かうこともありますが、事業自体が存続できないほど、大きな打撃を誹謗中傷や、厳しい口コミによりうけることがあることも抑えておく必要があるのです。

起業は、一生をかけておこなうものです。もちろん失敗自体をおそれてはなりません。大きなインパクトをもっているWEBですから、当然活用するべきなのですが、それはあくまでも、基本となる売れるビジネスモデルを確立したうえで使うべきなのだということを経営者をおさえておきましょう。

24 5月

ネットビジネスの注意点

これから独立して自分で事業を行おうと考えている人もいるでしょうが、現在では誰でも簡単にインターネットが使える時代となっているので、ネットビジネスを始めようと考えている人もいるでしょう。ネットビジネスの多くはホームページを利用して行うのですが、ホームページは作成したばかりではあまりアクセス数も稼げませんし、売り上げも殆どない状態が続くこともあります。

そんな時によく利用するのがSEO業者なのですが、SEO業者を利用する時には注意する点がたくさんあります。本当に持続して高い順位を維持できるだけの対策ができるのか、売り上げ以上に料金がかかってしまうのではないかなど、不安な点もたくさんあるでしょう。

実際にSEO業者とトラブルになり、経営コンサルティング会社に相談しに来たという人も多数存在しています。よってSEO対策は自分で技術を習得して行うインハウスSEOを行うか、本当に信頼できる業者を見つけて行うようにしましょう。経営コンサルティング会社では、信頼できるSEO業者を紹介してくれるような場合もあります。

順位だけがすべてなのか?

ネットビジネスは、多くは検索結果経由でWEBサイトにアクセスするので、上位をとることが目が向かいがちです。しかし、サイト自体が、つくりがよくないとアクセスがおおくても売り上げにはつながりません。

このサイトは何を売るサービスなのか?サイト自体から伝わらないことがあるのです。

ネットビジネスで重要なことは、

・キーワードを分析する
・検索順位で上位をとる
・アクセスしたユーザーがアクションをおこす。
・電話してきたユーザーを丁寧に対応する

このプロセスをふまないと、売り上げへとつなげていきません。単に電話がなればよいのでもなく、丁寧に顧客フォローする文化がないと難しいということをわすれてはいけません。

ネットの風評被害対策も考慮する

商品を売る場合、レビューが参考にされる時代になりました。よって、よいレビューがつけば、さらに売れるし、顧客が満足していれば、さらによいレビューがついて、よい循環を繰り返すことになります。

これは、「顧客満足度が高い商品」であった場合です。よって、ネットビジネスは、「売ること」に目が行きがちですが、だいじなのは商品開発です。この商品自体が、「顧客のニーズを満たすのか?」この部分をおさえていなと、逆回転する、つまり、悪いレビューがついて、売れない。売れないから、さらに、悪いレビューが目立つ。という形になります。

風評被害、批判、これらに耐えうる企業体質にならないといけないのです。