24 5月

WEBの利点を最大に活かす

近年ではインターネットを利用したWEBビジネスを行う人も多くなっていますが、当然WEBビジネスでも基本的には一般的なビジネスと同じですし、起業する前や起業した直後には、経営コンサルティング会社に相談へ来る人も多くなっています。

WEBビジネスを行うのであれば、やはりWEBの利点を最大限に生かすべきなのですが、WEBの利点と言えば手軽であることや、コストが大幅に削減できることでしょう。その反面、実際のビジネスよりも宣伝が難しいというデメリットもあるので、この点をよく経営コンサルティング会社で話し合いをして、より良いアドバイスをもらう必要があります。

経営コンサルティング会社にも得手不得手があるので、WEBに詳しいコンサルタントがいる経営コンサルティング会社に相談するようにしなければいけませんし、WEBならではの難しさも存在しているため、決して甘く見てはいけません。実際には一般的なビジネスを行っている人よりも、WEBビジネスを行っている人の方が、失敗する確率が高くなっているのが現状なのです。

WEBの利点と欠点を把握する

インターネットは、初期投資がすくなくて済む一方、大きな効果を得られるのも事実です。情報を発信すること自体、ホームページをもてば費用がかかる話ではありません。

URLを、友達を介して、あるいは、様々な形で拡散でき、一気に口コミによるビジネス拡大が可能なのです。

一方、ネガティブ情報対策も必要です。「パクリ」だとか、対応がお粗末だという形で、口コミがあっという間に拡散するのも事実なのです。

よって、基本のビジネスモデルを確立したうえで、WEB活用を行わないと、良い方向へ向かうこともありますが、事業自体が存続できないほど、大きな打撃を誹謗中傷や、厳しい口コミによりうけることがあることも抑えておく必要があるのです。

起業は、一生をかけておこなうものです。もちろん失敗自体をおそれてはなりません。大きなインパクトをもっているWEBですから、当然活用するべきなのですが、それはあくまでも、基本となる売れるビジネスモデルを確立したうえで使うべきなのだということを経営者をおさえておきましょう。